大阪市西区立売堀 皮膚科 アレルギー科

紫外線治療

  • HOME »
  • 紫外線治療

ナローバンドUVB全身照射器

乾癬は従来軟膏治療に抵抗し、寛解(治療が必要ない治癒した状態)に持ち込むことが困難な皮膚疾患と考えられていました。当院では乾癬を主にナローバンドUVB全身照射器により治療いたしております。一般に波長が305nmより短い紫外線は発ガンや日焼け反応(サンバーン)の原因であると考えられていますが、当院で使用しているPhilip社開発のUVBは311nm(±数nm)であり、副作用を最小に抑えています。NB-UVBは乾癬のみではなく、種々のアレルギー性皮膚疾患(湿疹・皮膚そう痒症など)、リンパ球系腫瘍(皮膚T細胞性リンパ腫)や自己免疫性皮膚疾患(尋常性白斑、脱毛症)に効果があることが知られています。

uv_01

 

PAGETOP